昨年末の星組東京公演 
千秋楽で、卒業された湊 璃飛さんのブーケです😊

湊さんは、卒業が決まった時から大好きな花を持って卒業したいと思っていて、その大好きな花が彼岸花とケイトウでした。
それで宝塚は彼岸花で左右の合体ブーケ。
そして、東京はケイトウで横持ちの合体ブーケ。

このブーケのケイトウはアーティフィシャルフラワーでは無くドライフラワーなんです。
湊さん自身の希望は生花のケイトウだったのですが、なんせ東京千秋楽は12月26日と言う事でケイトウは時期外れ…😥
ならば、生花のケイトウをある時期に購入してドライフラワーで…という事になったんです。

それもブルーの染料(色の違った4パターンのブルー)で吸い上げさせた特別のケイトウをオーダーして購入し、らんすいえんのデザインルームで2ヶ月半かけてドライフラワーに。
このこだわったにケイトウにもう一つ湊さんのこだわりが…
宝塚の時の彼岸花をペイントした様にケイトウの頭の波打ったところにご自身がペイントされたんです。
まさしく何処にも無いたった一つのブーケの完成です😊😊
手元から下がっているアクセサリーも海をイメージした錨と舵モチーフのアクセサリーになっています😁

漣さんのこだわりとは違ったこだわりのブーケです。

今は、湊さんに希望の花を持たせてあげる事ができてホッとしています😊😊😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください