沢山の方から聞かれた美園さくらさんの卒業ブーケの疑問についてお答えしますまずパールについてですが、今までよくスワロフスキーを使って装飾していたのですが、ずっと何か他のパターンもやってみたいなという気持ちがあったわけです。

ただパール=白のイメージがあったので、優しいピンクのブーケや薄い色、黄色やオレンジの元気色のブーケに白いパールを使うには違うなぁと感じていたので今まで使うタイミングがなかったのです。そこへ赤いブーケのお話が舞い込んできたうえに、パールの話しをさせてもらったら美園さんの誕生石がパールという事でとても喜んでくれたのです😭

また決定的に背中を押したのは、パールを使うにあたりパールの歴史を勉強しようと調べていたらなんと!「月の落とした光の滴」だと思われていたと❗️❗️❗️美園さんに使わなくてどこに使う?的な後押しでした😆

それからブーケの上部にあるあの棒は何さ?の方ですね😅ポッキーやプリッツと呼んでやってください😆美園さんもそう呼んでくれてました💦あの枝はブーケに使っている枝垂れ桜の枝を表現しています。

そこであの3本の枝の意味ですね。

別に4本、5本でも良いのでは…ですが
この東京宝塚劇場のブーケは、僕が製作させてもらった美園さんのブーケの集大成だと勝手に思っておりました。

3本の意味は美園さんが卒業するにあたって手にしたブーケの数

1つ目は宝塚大劇千秋楽で持ったブーケ
2つ目は歌劇と言う雑誌の袴姿でのポートレート撮影で持ったブーケ
3つ目は本当に最後になる東京宝塚劇場で持ったブーケ
と言う意味で制作した僕の勝手な思いから3本の枝を使わせていただきました😊

結局はスワロフスキーもふんだんに貼り付けた訳ですが、あの大きな舞台上で光り輝くジェンヌさんをより輝かせるアイテムの1つなので悪しからずです 😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください