次に紹介するのは娘役トップの真彩希帆さんのブーケです😊素材は全て生花です。打ち合わせで希望を聞くと、全体カラーは落ち着いたピンク中心に白、流れるイメージのグリーン(リーフ)で、好きな花、使いたい花(色、品種的なもの)、イメージしている花など一杯教えてくれたので、出来る限りのその花達をたくさん使って制作しました😊

花材は、イングリッシュローズを含め3品種、スプレータイプの和薔薇、ラナンキュラス3品種、ガーベラ2品種、スイトピー、トルコ桔梗にグリーン(リーフ)です😊イングリッシュローズは、いつもお願いしている杉本バラ園さんに千秋楽直近まで農場で咲かせてもらったキーラと言う品種を使っています。



真彩さんが特にこだわった花材はグリーン(リーフ)で、流れるイメージで余り主張しすぎないものが希望だったので、優しい緑でつる状の利休草と細い葉でカール状に癖をつけたりするとのお洒落なミスカンサスを選びました😄そうで僕の頭の中に描いたブーケは、少し大人っぽさのある娘役らしい可愛い色合いのブーケと言うイメージになり制作し出来たのがこのブーケです😃



東京の千秋楽も生花で作るのですが、時期的な事もあり花材が少し変わると思います。真彩さんと相談してこれから決めていく予定です。楽しみにしていてください😊😊先の事になりますが、東京千秋楽が無事に開催される事を信じ、また皆さんの卒業のお手伝いができたら…と願うばかりです
🤣🤣🤣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください